極エモを探し求めて

毎週水曜更新!おすすめ洋楽まとめブログ : ピアノロック / ポップパンク / オルタナティブ / インディー

[Owen] The Avalanche

まずは一曲:

A New Muse

レビュー:

2001年にイリノイ州シカゴで立ち上がったマイク・キンセラのソロ・プロジェクト[Owen]
2020年リリースのなんとこれが10枚目のアルバム。

非常にコンスタントにアルバムがリリースされています。
管理人も初期からちょこちょこと聴いていますが、全ては追えておりません。
マイク・キンセラはロックバンド[American Football]のヴォーカルも務めている事でも有名です。

『The Avalanche』(雪崩)という事でジャケットは寒めですが、トラック自体は冷たさはありません。
全編通して[Owen]らしい、穏やかでやさしい時間が流れます。

いつもの通り、アコースティックギターが主体ですが、
シンセストリングス、ピアノ、高めのベルなども入っています。
パーカッションやドラムも結構前に出てきており、
アコースティックメインのアルバムで良くある「抑揚が無くて飽きが早い」というようなことはありません。
このあたりは丁度良いツボをついてきていると思います。
ドラムはリズミカルですが軽めで、シンバルも優しめ。

ヴォーカルも相変わらず低めの美しい声質。決して闇雲に叫ばず、ただ気怠い訳でも無い。きちんと感情が入っている。
コーラスも全編多めで綺麗に重なっています。ハーモニーが美しい。

一生懸命に聴くというよりは、意識せずに心地よい、そんな[Owen]の安定したアルバムとなっています。
仕事や作業用のBGMにも良いかと思います。(眠気も誘いますが…)

この『The Avalanche』はリミックス版も出ていますが、EDM(エレクトロニックダンスミュージック)ライクに仕上がっています。

管理人おすすめ曲

01 : A New Muse

シングルでもあるトップトラック。癒されるアコギ、穏やかなヴォーカル、意外と抑揚のあるバックサウンド。いつもの[Owen]節が全開です。

03 : On With the Show

明るめのイントロから入りますが、少し叙情的なメロディが散りばめられています。美しい歌声とクリアサウンドがマッチ。

07 : Headphoned

中終盤の静寂の間の活かし方とその直後の処理は秀逸で、流石10枚もアルバムを作ってきただけあるなと感心してしまいます。

このアーティストの他のアルバム

  • [Owen]

このアーティストもおすすめ

YouTube

A New Muse (live PV)

アコースティックバージョン。すごい場所で弾いています。

On With the Show

On With the Show (live PV)

Headphoned (PV)

視聴など

  穏やか・しっとり, アコースティック
  , , , , , ,


トップへ