極エモを探し求めて

毎週水曜更新!おすすめ洋楽まとめブログ : ピアノロック / ポップパンク / オルタナティブ / インディー

[The Afters] Never Going Back to OK

レビュー:

クリスチャン・ポップロックバンド[The Afters]による2008年リリースの2ndアルバム。

1stアルバムの延長に位置するアルバムです。
1stよりは広がりがあり、クールな曲も多め。

全体的には非常に落ち着きがある進行。
明るくは無く、かと言って暗さ、格好よさ一辺倒ではない、バランスのとれたロックスタイル。
3rdからのようなポップな明るさは無いです。
悪く言えば普遍的ですが、キラリと光るキャッチーの欠片たちが繋ぎ留めています。

サウンドは基本ロック構成。
ギターはバリエーション多め。ドラムがどっしりと一定テンポを刻みます。
メインではないですが、ピアノが結構存在感があります。
その多さはピアノロックと言ってもおかしくないほど。

エモ・ロックが強めの今作は非常に安定感があります。
3作目への転換となったアルバムです。

管理人おすすめ曲

03 : Keeping Me Alive

おしゃれなピアノAメロBメロに対して、ストレートに光を射すサビ。今回のアルバムに相応しい1曲。

05 : Ocean Wide

人気曲。穏やかなロックバラード。3rdに繋がる歌詞とメロディライン。高い構成力を見せつけます。

11 : Summer Again

穏やかなピアノから始まる物語。間奏とラストの盛り上がりは相対的に感動します。

このアーティストの他のアルバム

このアーティストもおすすめ

YouTube・試聴

Ocean Wide

Keeping Me Alive

Never Going Back to OK

Beautiful Words

Tonight

We Are the Sound

Summer Again

「Summer Again」 をYouTubeで検索


Never Going Back to OK by The Afters (2008-02-26)

  ポップロック, クール・カッコいい
  , , , , , ,


トップへ