極エモを探し求めて

おすすめ洋楽まとめブログ : ポップロック / ポップパンク / オルタナティブ / インディー

[Smallpools] Lovetap!

Lovetap!

レビュー:

ポップバンド[Smallpools]による2015年発表の1stスタジオアルバム。
2013年に結成されていますが、メンバーの出会いは2007年頃だったそう。
数々のライブを精力的にこなし、既に人気の兆しが見えています。

2009年に解散したピアノロックバンド[Making April]のヴォーカル、
Sean Scanlonがこちらのバンドにてヴォーカルを務めています。
管理人としては、聞き覚えのある特徴的な良く通る歌声が
また違う形で聴くことができ非常に嬉しいです。
[Making April]の時よりも表現の幅が広がり、高域の声が綺麗になっているように感じます。

スタイルはシンセ・ポップロック。
シンセ、エレクトリックが強めですが、基本的にはロックバンド構成がメイン。
シンセポップの電子音のアクセント、ストリングスの音の厚みも問題なし。
声にもエフェクトやリバーブが掛かっています。

メロディはポップでおしゃれ。
エレクトロニックで近未来かとおもいきや、
エスニックや民族風のメロディを取り入れるなど、非常にセンスを感じます。
[Making April]で培ってきた気持ちよい場所に音が置いてあるのは
このバンドでも活かされており、すんなりと溶け込みます。

盛り上がるためにはどう作曲すれば良いか。
考え抜かれた気持ちが花火となって聴く人の心に躍動を与えます。
またベテランメンバーの才能と知識が結晶となって表れています。
爽やかさあり、遊び心あり、楽しく心弾む楽曲が揃っています。

管理人おすすめ曲

03 : Dreaming

人気曲。シンセポップの真骨頂。メロディライン、テクニックもさることながら、とにかく気合の入りようが伝わってきます。

04 : Karaoke

カラオケ。優しめメロディとバックのピアノ。ゆったりめのメロディが新鮮。

08 : Lovetap!

アルバムタイトル曲。予想に反しておしゃれでカッコ良いメロディとヴォーカル。電子音のカット演奏が非常にクール。間奏の盛り上がりは最高です。

このアーティストの他のアルバム

このアーティストもおすすめ

YouTube・試聴

Dreaming

American Love

Killer Whales

Karaoke

Dyin’ To Live

Lovetap!

Street Fight

  エレクトリック(ロック・ポップ), 明るい・元気・ノリノリ
  , , , , , ,


トップへ