極エモを探し求めて

おすすめ洋楽まとめブログ : ポップロック / ポップパンク / オルタナティブ / インディー

[Making April] Runaway World

  公開日     更新日 2016/04/24
  , , , , , , ,

ラナウェイ・ワールド

レビュー:

ピアノロックバンド[Making April]の2006年発表の1stアルバム。
バンドは残念ながら2010年に解散しています。活動中に2枚アルバムを発表しています。
2ndアルバムは『The Egg Hunt』。

このバンド、ピアノロックの最高到達点の一つと管理人は断言します。
全編を通して綴られる、さわやか極上ピアノエモ。
1音1音が気持ちよく感じられる場所に置いてある、そんな印象を受けます。
サウンドも厚みがしっかりとあり、裏のまた裏のストリングスまで丁寧に作曲されています。

ヴォーカルも声が厚めで良く通ります。
ヴォーカルを務めたSean Scanlonは[Smallpools]というポップロックバンドで現在も活躍しています。
今後紹介する機会があるかと思います。
[Smallpools]の記事を投稿しました。

ピアノエモ好きは必聴の1枚です。


管理人おすすめ曲

02 : I Wrote This Song

– アコースティックギターとピアノが高次元で織り交ざる人気曲。

06 : Roses And Butterflies

– イントロのピアノからラストの盛り上がりまで構成が見事。

07 : Jump In

– 名曲の間に挟まれた地味に管理人ヘビロテ曲。リズミカルでおしゃれな1曲。

08 : Runaway World

– 人気曲。アルバムタイトル曲にふさわしい完成されたピアノロック。

このアーティストの他のアルバム

[Making April]

このアーティストもおすすめ

[Waking Ashland]
[Jack’s Mannequin]


YouTube・試聴

I Wrote This Song

I Wrote This Song

Roses And Butterflies

Roses And Butterflies

Jump In

Jump In

Runaway World

Runaway World

  ピアノ(ロック・ポップ), 爽やか・フレッシュ・清々しい
  , , , , , , ,


トップへ