極エモを探し求めて

おすすめ洋楽まとめブログ : ポップロック / ポップパンク / オルタナティブ / インディー

[Ivoryline] There Came a Lion

There Came a Lion

レビュー:

クリスチャン・ロックバンド[Ivoryline]による2008年リリースのメジャーデビューアルバム。
2003年に結成され、現在も活動中とのこと。
エモ・ロックバンドを数多く輩出してきた「Tooth & Nail Records」所属です。
当バンドの中でも1番人気のアルバムです。

個人的にはロックよりは、エモとポスト・ハードコアの中間のようなスタイルと感じています。
テンポがやや速く激しめの曲が多い印象。
ただポスト・ハードコアよりは甘めでキャッチー。
クリスチャンの要素はサウンドには無いです。歌詞にはそれっぽい感じが出てます。

全編通してギター・ベース・ドラムの基本3構成。たまに電子音。
またメロディも似通った曲が多く、テンポも変化が無く。
統率が取れている分、どれがどの曲かわからなくなることも。
ただ1曲1曲のメロディセンスは上々で、構成も良く練られています。

ヴォーカルは情感の表現も安定している良声。声量も激しめのメロディに充分対応できています。
高音時は尖りますが、シャウトはありません。

シャウトのない激しめロックの、まさにお手本のようなバンドです。
デビューアルバムとしては充分な出来ではないでしょうか。

管理人おすすめ曲

01 : Days End

人気曲。アルバムの世界観を見せるトップトラック。つかみはオッケーと言うところでしょうか。

05 : Be Still And Breathe

イントロのエコーソロが印象的。クールで激しめに仕上がっています。

07 : Left Us Falling

管理人ヘビロテ曲。サビ以外のリズミカルなテンポとサビの疾走感、透明感のギャップがたまりません。

このアーティストの他のアルバム

このアーティストもおすすめ


YouTube・試聴

Days End

Hearts And Minds

Left Us Falling

Left Us Falling

Be Still And Breathe

Be Still And Breathe

Remind Me I’m Alive

Remind Me I'm Alive

  ロック, 激しめ・激しい
  , , , , ,


トップへ