極エモを探し求めて

おすすめ洋楽まとめブログ : ポップロック / ポップパンク / オルタナティブ / インディー

[Faulter] Darling Buds Of May

  公開日     更新日 2016/03/12
  , , , , ,

ダーリン・バッズ・オブ・メイ

レビュー:

エモロックバンド[Faulter]の2006年発表の1stアルバム。
現在は残念ながら解散している模様です。

全体的にジャケットのような冬のような冷たさが感じられます。
その中に少し温もりがあるメロディが織り交ぜられています。

普遍的エモーショナルメロディから故意にマイナー側に落としたり、
哀愁感や冷たさを強くするようなサウンドを取り入れたり、
個性を出すような工夫が凝らされています。

サウンドは結構いろいろ使用されています。
ピアノやエレキ、アコースティックギターがメインを張ることが多いです。
ストリングスも混ざります。

全編通すとピアノバラードからポスト・ハードコアまでかなりバラエティに富んでいますが、
ジャンルとしての「エモ」に近い曲も多く、またキャッチーな曲も所々にあり。
特に1曲目、3曲目はかなり出来が良くおススメ。

管理人おすすめ曲

01 : Sixes & Sevens

キラーチューンなトップ曲。バランスの取れた強めの音圧もGood。

03 : October 16th

人気曲。冷たいハズしが少なく、[Waking Ashland]に近い。ある意味このバンドっぽくは無い気がします。

10 : Chaos & Monotony

シャウトもあり非常に力が入っています。ポスト・ハードコア調の中に光が差すような、物語に近いメロディは見事。

このアーティストの他のアルバム

  • [Faulter]

このアーティストもおすすめ


YouTube・試聴

Sixes & Sevens

Sixes And Sevens Lyrics

October 16th

October 16th

  エモ, クール・カッコいい
  , , , , ,


トップへ